最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

映画・テレビ

2012年12月11日 (火曜日)

007雑感

隠れボンドファンの私、封切り日にスカイフォールを見てきました。

え?遅いって?
まぁ、いつもの事です(´ω`)

見終わっての感想としては、ネタバレの無い程度に言うと

「古き良き時代のボンドが帰ってきた」

と言った感じでしょうか?

ピアーズ・ブロスナン以降のボンドは段々と非現実的な
テロリストスパイになってきており、CGを使わねば
表現出来ないようなシーンが多数ありました。

が、今作はショーン・コネリー時代のボンドかと思うほど人間臭い、
悪く言えば地味なアクションシーンの連続でした。
ラスボスとの最後の決まり手も何と投げナイf(ネタバレ

ボンドの生家を爆h(ネタバレ
Mが死んd(ネタバレ

最後はネタバレだらけでしたが、CGの非現実的な映像に飽き飽き
している方には非常お勧めの映画だと思います。

2005年6月12日 (日曜日)

テレビアニメ

皆さん意外かと思われますが、なかじまはテレビアニメを
全くと言っていいほど見ません。
ふふふ、ヲタクじゃないでしょう?

最後に真面目に見たアニメは旧SEED位で、
後はめぐたんのお声を聞くべく時々ドラえもんを見る程度。
基本的にニュースと時代劇ばかりです。

と言ってもアニメが嫌いって事じゃないんです。
アニメ自体は大好きですよ。

気に入ったアニメがあったらDVDをBOX買いしてますから!

・・・ヲタクじゃん(;´Д`)

2005年6月 7日 (火曜日)

やっぱ邦画でしょ

今日から仕事なのでプチ引き籠り期間はこれで終わり。
いよいよ社会復帰です。

本日は映画ネタを少々・・・

この夏は邦画が熱いようです。
なかじまが観てみたいと思った映画は

電車男(公開中)
戦国自衛隊1549(6/11)
逆境ナイン(7/2)
亡国のイージス(7/30)
魁!!クロマティ高校(7/未)

この5本。
やはり暑い夏は熱い映画が一番ですね。

2005年5月14日 (土曜日)

熱血野球

七月に映画化される逆境ナインですが、
その発表と同時に復刻されたコミックスの第6集
(6/17発売)に、アニキが主題歌を歌うドラマCDが
同梱されると言うじゃありませんか!

リンクはここ

元々オリジナルを持っていたなかじまなのですが、
この発表を聞いて復刻版も買う気まんまんです。
今日会社帰りに買おうと思います。
(全部揃ってないと中途半端だしね)

また、毎試合誰かが死ぬと言う熱血野球漫画、
アストロ球団がドラマで実写化されるそうです。

リンクはここ

内容を語るとこのページが埋まるので、どんな漫画
かはリンク先を見てください。
巨人の星、侍ジャイアンツと共に野球のルールを
遥かに逸脱した、意味も無く熱い野球漫画です。
そもそも最後まで9人揃ってないし(;´Д`)

そんな訳で、今年の夏は野球が熱そうです。

2005年4月24日 (日曜日)

恋におちると

紆余曲折を経てやっと始まったヒルズに恋して恋におちたらですが、
やっと観る機会があったので、簡単な感想を・・・

特撮だね(;´Д`)

本物のソースを使っていると言いますが、それ以外の所で嘘臭い部分がありすぎて
どこをどう突っ込んでいいやら(;´Д`)

少なくとも、ソースを書ける人間は観ない方がいいと思います。
ちなみに、ウチの運用Gの方々は泣いておられました。

以上、モデルとなった会社と少なからず関係ある会社に勤めるなかじまの意見でした。

# 関係ないけど、ほっちゃんをホリエモンって呼んだら怒るかな?

2005年2月28日 (月曜日)

伝説の燃え

さて、そろそろ・・・こちらに力を入れますか!

なかじまはアニマスピリチアだったりします。
エネル源は「萌え」なのですが、「燃え」の方もかなり好きで、今川監督作品なんかは欠かさずチェックを入れていたものでした。

Ex.ミスター味っ子・ジャイアントロボ・Gガンダム

その「燃え」を具現化する代表的な漫画家島本和彦氏の代表作である「逆境ナイン」が映画化するとのことなので、
早速オフィシャルのHPへ行ってみました。

ここ

やはりあの集中線はさすがに実写では表現出来ていないようですが、
なかなか熱そうな作品には仕上がっている感じです。
今年の夏も熱くなりそうです。

しかし・・・男球とは・・・(;´Д`)ハァハァ

追伸:ページの左側に個人的に好きなコミックスのリンクを張ってみました。
「萌え」と「燃え」の良作を定期的に更新していくつもりです。